PC関連 商品レビュー 家電 日記

【PC関連】個人情報に気をつけるなら、HDDは物理廃棄しよう!

パソコンが壊れた時、外付けのHDDが壊れた時、どうやって処分していますか?

電気屋さんに引き取ってもらう?売る??不燃ゴミとして出す??

そのどれも個人情報とすると結構怖いと思います、
今日は自分たちの個人情報を守るために、HDDを物理廃棄するので、やり方を紹介します。

スポンサーリンク

HDDを分解する。

さて、分解には普通のプラスドライバーじゃなくて、
星型の変わったネジを開けるんですけど。

サイズがいくつかに分かれているので、全部買うのは。。。

ってなわけで、自分が使っているのはAmazonさんで買ったこれ。
値段は2000円ちょっとで、ほとんどのが揃ってます(๑•̀ㅂ•́)و✧

黒いシールを剥がした下にもあるのと、普通のシールの下にも隠れています。

指で触ると、その部分だけ下がるので、そこにカッターでシールを破ってドライバーで開けられるようにします。

ネジ止めだけなので、ネジを外すと簡単に外れます。さてきれいなディスクが出てきましたね。

スポンサーリンク

この中には、今までのデータがはいっています。レコード・CD・DVDと同じような仕組みです。

紙やすりを使って、がりがり〜〜。

なので、このディスクを外して、
傷だらけにすれば、データを読み込めなくなります。

 

まとめ

パソコンのデータって、本当にたくさんの重要な情報がありますよね。

閲覧した履歴だったり、写真のデータはもちろん、買い物したときのクレジットカード情報、
ネットバンクを使っていたら、口座のログインとか、そんなデータもハードディスクの中に記録されていますよね。

それを捨ててるって、データを取れる人にとってみたら、
銀行の預金通帳やクレジットカードをそのまま捨てている感じ(^_^;)

本当は流出させちゃいけない情報も、業者さんが転売していた例もありますし(´;ω;`)

フォーマットしているから大丈夫じゃない?

フォーマットにも色々あって、学校のノートに色々書くじゃないですか、
書いたデータの上に修正テープを1回貼ったのがフォーマットです。

僕は白いデータだよ〜何もはいってないよ〜って、
でも修正テープを剥がすと、もとのデータが見えてしまうのがフォーマット1回目。

その上から文字を書いてみると、かけるけど、
剥がすと修正テープの文字に上のインクが移ったり、きれいに剥がせなくなったりしますよね。

そんな感じで、複数回書き込みフォーマットして処分するのが、
業者さんに出すなら、それを自分でやってみてください。

人のだす情報は、どんなものでも価値がある情報になおせる人がいるので、
自分の情報が流出しないように気をつけながら過ごしてくださいm(_ _)m

 

-PC関連, 商品レビュー, 家電, 日記
-, , ,

© 2021 みつきのまったりブログ Powered by AFFINGER5