日記

【雑談・日記】コロナで起こった日本の問題は世界で起きていたことの縮図だったのではないか。

今年も終わりますね、去年・今年とコロナ渦で大変な人も多かったと思うけど、
この数年日本や世界の各国で起こったことは、いままで世界に起こっていた事の縮図が各国に起こっていると思う。

自分がどんなことをできるのか、自分がどうしたいのかを考えてみようかな。

スポンサーリンク

コロナは世界に起こっていることを露見させた。

コロナ後に日本に起こったことを考えてたのですが、今起きていることはずっと世界で問題になっていたこと、
人間が自分たちの世界以外を見ていなかったことが露見したように思います。

  • 病院の人手不足。

小児科医の不足や病院の人手不足は言われていたし、地方自治体の人員の問題も減らされすぎて問題になりましたよね。

コロナで、治療を受けられない人とかは、世界で病気になっても病院に行けない人の問題があったのと同じ。

  • 貧困とフードロスのあべこべ

一方では仕事を失い、給与が下がり食べるところ、住むところにこまる人がいる一方。

飲食店に降ろされなくなった食品が市場に回ることがなくゴミとして廃棄される、おかしいですよね。

日本での食品廃棄は消費者庁に書いてある文面だと、年間2,510万トンの食品廃棄物等が出されていて、食べられるもので廃棄される食品ロスは570万トン。

世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量(2020年で年間約420万トン)の1.4倍に相当しているそうです。

1つ対策としては、食品の価格を下げる、飲食店での廃棄価格を先に計算されすぎないというところでしょうか。

商品に価格をつける際にかならず、廃棄を前提に価格をつけますが、この価格が高すぎることで、商品の単価が上がり廃棄につながっていると自分は思います。

それならば、足るを知ることが必要じゃないかな、品切れで買えませんってこと、自分が子供の頃よりもなくなったと思います。

常に商品が溢れていて、変な買い占めさえなければ、基本的に品切れを目にすることも少なくないですか?

足るが過ぎていることで、それが無駄になる。

質素な生活をしろということではありません、適正価格・適正量の商品をきちんと考えるということが大切なのではないかな。

  • 罪が表に出る時代

政治家の汚職や不正行為による逮捕者など、色々な罪が露見されていますよね。

必要悪の捉え方は人それぞれだとおもいますが、自分は、悪な部分も必要とおもっています、

ただ、悪の部分と善の部分がイコールになるか、もしくは善の部分が上回っていることで、それが表にでないか、解決すればいいと思う。

それが私利私欲のための悪の人は、ことごとく逮捕されていく時代になるんじゃないかな?

スポンサーリンク

日本や世界や未来をよくするために

まず、みんなで問題提起していきませんか?

それが家のことでもいいです、仕事のことでもいいです、趣味のことでもいいです。

小さい問題を少しずつみんなで解決するようにしていけば、どんな問題も解決出来るとはおもいませんか?

コロナもそうです、なんで各国が別々で行動をするのか、数年経済を止めても、
一国では無理でも世界で協力をすれば、貧困問題も予算の問題も関係ないはずなのに、自分の国は利益をだしたい、
今のうちに赤字国債を減らすための手段をと考えるからズルズルとコロナの問題が解決しないとは思いませんか??

理想論だ、夢物語だと言われるかもしれませんが、理想論とおもうのなら、
その理想が叶ったらよかった、ただそれだけの問題です。

人間の生活や未来は、ドンドン良くなっているはずなのに、

もっともっとが溢れすぎて、不安になるというのは、おかしな話ですよね(笑)

まとめ

人間もうダメだとか、問題を目の当たりすると、実は強い生き物。

ただ一人で解決しようとか思わない、ドツボにはまる、自分では解決できないとおもったら、誰にでも良いから相談する。

それが大きな問題でも、小さな問題でも協力すれば乗り越えられることもある。

投げやりにならず、一歩ずつ今やることをやっていきましょう。

 

-日記
-,

© 2022 みつきのまったりブログ Powered by AFFINGER5