ニュース ブログ 日記

【日記】煽り運転への対策と撲滅のアイディアを書いていく。

投稿日:

煽り運転が社会問題としてとりあげられても、いまだ煽り運転はなくならず。

それどころか、結局免許を失効させても、車は持っているから、無免許でも運転してしまっている人がいる。

じゃぁ、国や法律の意味は?煽り運転がなくなっていくように、
法改正とかもあると思うけど、実行可能になったら嬉しいなとおもってアイディアを書きます。

いいと思った人は広めてくれると嬉しいですm(_ _)m

スポンサーリンク

煽り運転の対策

煽り運転の対策や実際に煽り運転を受けたらどうしたらいいか。

ドライブレコーダーは必須!急ブレーキをかけられて、接触した場合でも後ろから追突したということが事実。

そうすると、なぜ追突することになったのかの経緯を説明できないとぶつけた人が悪くなることが多いのが実情。
裁判や警察での話になると思います。警察が来たときには、事故が起きたあとですから、ぶつかったという事実しか見えないですからね。

どうして事故が起きたのかを説明するドライブレコーダーは重要な証拠になります。

ドライブレコーダーがない場合で同乗者がいるときには、携帯での録画も有効です、
あとはスマホを買い替えたときとかの古いスマホを録画機の代わりにセッティングしておくのも有効ですよ。

警察への通報

運転者が煽り運転されている途中に警察に通報するのは危険です。

前を見ないと行けないですし、急ブレーキも踏まれるとさらにその中で携帯操作は自殺行為。

同乗者がいる人は、同乗者の人が迷わず警察に通報してください。
同乗者がいないひとでも、携帯の音声入力で警察を呼ぶことはできます。
(iPhoneなら警察を呼んでとSiriにいえば電話をかけてくれますよ。)

煽り運転の撲滅のために

運転免許証で車を動かす!

さて、煽り運転の撲滅のためのアイディアの1つとして、車メーカーさんや警察などの協力は必須なアイディアだけど。

運転免許証でエンジンがかかる仕組み、ICカード運転免許証を利用して、
運転免許証を車で読み込み、その後エンジンがかかるようにしてもらう。

登録した免許証でしか運転できないようにできれば、車の窃盗対策にもなりますし。
運転時に車がデータを取れるようにすれば、いつ誰が運転していたのかが、記録できるようにすることで犯罪が起きたときの証拠にもなる。

煽り運転に関わりはなさそうに見えるけど、煽り運転で免許にデータが書かれたときの対策にもなりますよね。

現状ICカードには、顔写真、氏名、生年月日、本籍、免許証交付年月日、有効期間の末日、免許の種類、免許証番号しか書かれていないようです。

これも今後かえてもらって、運転での得点や点数が引かれたデータとかを入力されればいいですね。

これからは自動運転がますます進化していくから、煽り運転をした人には、道路データから最高速度を自動調節されたり、
急な車線変更が道路状況からできなくするなどができるれば、最終的には撲滅につながるのでは?

まとめ

今回は対策とアイディアを1つ書いてみました。
本当はこういったアイディアが企業に採用されて自分のお金につながるのが理想なんですけどね。

とりあえず、自分が思った撲滅のためのアイディアを書いてみました。
車の買い替え時期を考えると10年から15年義務化で導入されたら、20年後には煽り運転がほぼなくなるんじゃないかな?

アイディアを生み出せても、それを商品にできる人は少ない、アイディアという知的財産をもっと守って欲しい、
それに企業に対してもきちんと正式にお金を払ってほしい。

企業に交渉しても使われたけど、お金が払われないなんてケースは山程ある!!!
良い企業とめぐりあいたいものです、ほんと。

 

-ニュース, ブログ, 日記
-, ,

Copyright© みつきのまったりブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.