PC関連 ブログ 商品レビュー 家電

【PC・お悩み】MacのパソコンでParallelsをつかって、Windowsを便利に賢く使う!

投稿日:

MacでWindowsを使う方法で一番メジャーなのは、標準機能でMacにはいっているBootCampを使うこと。

BootCampはMacのハードディスクの中にWindowsをインストールして、再起動して切り替えて使う方法。
Windowsにしかないアプリをつかうときに便利でむかしからの機能ですけど、一旦再起動しないといけない不便さがある。

その不便を解消したのが、「Parallels Desktop for Mac」というソフト。自分も使いはじめたので、紹介していきます♪

スポンサーリンク

Parallels Desktop for Macってどんな商品?

上でも軽く説明していますが、MacでWindowsを使うためのソフトです♪

BootCampとの大きな違いは、Macを起動中にWindowsを使えるというところ(*^^*)

ずっとWindowsユーザーでMacにかわったときに、Macを自分が使っていなかったから、使い勝手が悪く感じることがあるのかな?

って思ったんだけど、Macで使えないソフトが結構ありまして。。。

BootCampを利用して作業することもあったんだけど、
こっちではWindowsをこっちではMacを使ったほうが便利って結構あるんですよね(・_・;)

このソフトを使うと、Macを開きながらWindowsをつかえるので、BootCampと違って、
PCを再起動してオプションおして、起動するOSを切り替えてとする必要がなくて、ホント楽なんですよ!

どんな風に活用?

導入をきめたきっかけは、自分の場合にはやっぱりMT4が原因ですね。

FXをするときに使っているMT4はWindowsで使うことが前提として作られているソフトで、
MACでも使えないことはないですが、文字化けをしたり数字の入力がうまく反映されないときがあります。

あとは自動売買ソフトなどのインディケータがうまく起動しないなど、相場を見る人にとっては結構問題が多かったんです(T_T)

それで、BootCampを使っていたんですけど、Macのほうが普段使っているときには便利なこともあって、別のPCを買うのもなぁ〜ってことで、今回導入を決めました♪

やっぱりMT4が断然使いやすく、見やすくなった(笑)

BootCampからのインポートだと不安定な時がある。

唯一欠点はBootCampの設定を利用して、Parallelsを使うと方法があるんですけど、それだと動作が不安定になることが多いです。

こんな感じでハードディスクに接続できませんってなって、BootCampの中のOSを引っ張れないみたいなんですよね。

BootCampを使ってみると、データは破損しているわけではなくて、ちゃんと生きていてるので、BootCampとParallelsの相性の問題だと思う。
インポートしてしまう方法でも同じことが起きたから、1番動作が安定してるのはParallelsにWindowsを直接インストールすることがオススメ!

インポートの方法が結構あって、推奨されているのは、1番左と真ん中の方法ですね。

自分は真ん中のISOイメージファイルを利用しましたけど、このほうが動作が完全に安定して使用することができました!

まとめ

自分の理想系はもう一つディスプレイを買って、左にParallelsで相場を表示・右側でMacを使ってブログを書くみたいな感じで仕事したいな。

メモリーはParallelsのホームだと最高8GBだから、メモリー増設していないPCだと使うのは厳しいですけど、先日PCのメモリー増設もしましたからね(๑•̀ㅂ•́)و✧

良ければその時のブログはこちらですm(_ _)m

ディスプレイは1万円ぐらいから手にはいるので、Macと同じぐらいのサイズ感のを使ってかな。

少しディスプレイの置き方も考えないとまずいかもだから、少ししたら机も欲しくなるだろうなぁ〜(笑)

-PC関連, ブログ, 商品レビュー, 家電
-, , , ,

Copyright© みつきのまったりブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.