ブログ 園芸・観葉植物 趣味

【趣味・観葉植物】梅干しの種から発芽を目指すやり方、第2弾。

この間チャレンジをすることにした、梅干しの種からの発芽ですが、現状は特に大きな変化がないような。

なので、今回は別のやり方で、梅干しの種を発芽させようと思います♪

今回はやり方の紹介になりますm(_ _)m

スポンサーリンク

梅干しの種を発芽させるやり方

梅干しの種に冬を経験させる。

梅干しの種が発芽するのは冬をこしたあとらしいです。


※自分はアルミホイルに包んで冷凍庫にしてみました。

それなので、一度冬を経験させるために、冷蔵庫に種をいれて保管します。

こうすることで、梅が寒さを経験して、発芽するための準備ができるみたい!

年月は書けられないから、種を割る。

完熟した梅の種と未成熟の種だと全然違うみたいだけど、発芽の確率を高くするために殻を割ります。

くるみを割るやつでもいいみたいだけど、ない場合はペンチとか、
100均一でクランプを買って、それを使って割るといいですよ(*^^*)

割るとこんな感じで砕けたりするので、圧力のかけすぎには注意してください。

こんなに硬い種を割るんだもん、普通に発芽なんて大変だよね。

割ると中から、アーモンドっぽい薄皮に包まれた天神様(梅の種の種子を天神様と呼びます)が出てきます。

これを植えることにします。

天神様を土に植える

硬い種を割った天神様を土に植えます。

このあと種を埋めて、土をさらにかぶせたけど、さてどうなるのかな。

1つは中途半端に割ったやつにしてるけど、さて、全部で7個。

梅干しの種は時期は違いますが、発芽するでしょうか(T_T)

まとめ

前回、種を植えたものはとりあえずそのまま放置かなと思ってます。

とりあえず、そのまま冬を超えさせてみて、来年の春までに変化がなければ諦めかな?ってこっちは思ってます(*^^*)

新しくしたほうも変化がなくてもそのぐらいで考えているので、うまく発芽してくれるといいなぁ〜(*^^*)

-ブログ, 園芸・観葉植物, 趣味
-, , ,

© 2021 みつきのまったりブログ Powered by AFFINGER5